「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

2016年 07月 05日

Child Benefitの変更

2015年の選挙により、Liberal Partyへと政権交代しました。
2016年予算が発表されましたが、だいぶ変更になった点があります。
その一つがChild Benefitの変更です。

従来は
Canada Child Tax Benefit (CCTB)
National Child Benefit Supplement (NCBS)
Universal Child Care Benefit (UCCB)
とありましたが、これらは2016年6月20日をもって廃止となります。

2016年7月より

Canada Child Benefit(CCB)

へと一本化されます。

これはお子様が18歳になる前まで、非課税でBenefitが支給されるというものです。
ご家庭の収入とお子様の数によって支給額が変わります。

ご家庭の収入が$30,000以下の低所得の場合、最高支給額をMAXで
受け取れるということになります。

最高支給額は
6歳になるまで・・・年間 $6,400 (月額$533)
6歳以上17歳・・・年間  $5,400 (月額$450)
(ディサビリティの認定を受けている場合、さらに年間$2,730)

各ご家庭がどのくらいBenefitを受け取れるのか、計算できるサイトがありますので、
ご紹介します。

Canada Child Benefit Calculator

今までUCCB等をお受取になられていた場合は、特に申請の必要はありません
ただし、毎年TAXリターンをしている事が必要です。
振り込まれる口座は今までと同様の口座に振り込まれる予定です。

また、政府CRAより2016年7月中に正確な支給額についてのレターが届く予定と
なっています。収入が高いご家庭でBenefitに該当しない場合も、その旨の
お知らせがあるようです。

今回の政権交代で、より低所得・中所得のご家庭に恩恵があるようにとの
変更のようで、政府の発表によれば、約9割のご家庭が今までの支給額より
多くのBenefitを受け取れるはずだそうです。

ぜひこの機会にお子様の学費の貯蓄、ご家庭のファイナンシャルプランを
見直されても良いかもしれませんね。
RESPやRRSP、生命保険等のお問い合わせは

ruriko.taylor@f55f.com

までご連絡下さい。

Benefitの関するご質問等は直接CRAまでお問い合わせ下さい。
TEL: 1-800-387-1193

各種Benefitなどについて確認したい場合は、CRAのサイトMy Accountからも
できますので、一度登録してみて下さい。
cra.gc.ca/myaccount
[PR]
# by 55financial | 2016-07-05 04:45 | RESP

2016年 05月 17日

BCTESG 続報

以前2014年11月22日にBC州Training & Education Savigs Grant
についての投稿をしましたが、その後の続報です。

注:BC Training & Education Savings Grantの表記の方が多く使われて
いるようですので、以前Programと記しましたが、今後はBCTESGと
させていただきます。

当初の発表では、2007年以降にお生まれになられたお子様が対象
とのことでしたが、2016年Budget(政府予算)が発表になり、
予算が拡充され、2006年にお生まれになられたお子様にも対象が拡がりました。
(ただし、これは議会の予算審議が通ってからとなりますので、
2016年5月現在の段階では、予定となっております。)

このBCTESGが受け取れる条件は、RESP口座を開設していることです。
お一人あたり$1200のGrantがもらえます。
大学教育などの高等教育機関に進学するには、大変お金がかかります。
RESP口座などを使い、早いうちから準備を始めましょう。

申請用紙は各金融機関を通じて入手・申請していただくことになりますが、
BC州のみのGrantになる為、大手金融機関TD等をはじめ
弊社の方でも対応が遅れており、2015年8月から申請開始となっている
のですが、まだご用意できておりません。ご迷惑をおかけしており
申し訳ございません。2016年夏ごろになるとは聞いておりますので、
届き次第、対象の顧客の皆様にはご連絡させていただきます。

なお既に6歳になられている2007年以降生まれのお子様の申請の最終期限は、
2018年8月14日までとなっており、まだお時間はございますのでご安心下さい。
新たに発表になった2006年生まれのお子様に関しては、最終申請期限が
2019年8月14日までとなっております。

今後は、お子様が6歳になった誕生日から申請ができることになりますが、
その場合、最終申請期限は9歳になる前までとなります。

RESP口座開設やその他ご不明な点などございましたら
弊社フリーダム55ファイナンシャルまでお問い合わせ下さい。

Email: ruriko.taylor@f55f.com
[PR]
# by 55financial | 2016-05-17 08:15 | RESP

2015年 12月 15日

グループRESPに関する苦情

通常、RESPは個人が銀行やCredit Union,もしくは私ども
フリーダム55ファイナンシャルなどの金融機関にて口座開設する場合と、
グループRESPの団体にて開始する2パターンがあります。
出産後、病院から退院するとすぐにセールスの電話などがあるのは、
グループRESPかと思われます。(どのように名簿を得ているのかは
わかりません。以前名簿を流出させた看護婦が逮捕されたニュースも
ありました。)

グループRESP(スカラシップ等と謳っている)という団体はいくつか
存在していますが、政府の定める金融機関には当てはまりませんので、
情報開示義務や税務コンプライアンスなども銀行などとは異なっております。

私どもでは一切取り扱っておりませんが、以前から、お客様が既に
お持ちであったグループRESPに関する苦情を聞くことが多々あります。
団体の決めるシナリオ通りの入金方法や引出し方法でないと、
だいぶお金を失うことになる、ルールが非常に難解で理解しにくい、
と言う苦情が多いようです。

それらに関する記事をみつけましたので、ご参考までに
以下に転載させていただきます。
(カナダディアン・キャピタリストよりバラクリシュナン氏)

「フレキシビリティの欠如がグループRESPの最大の問題である」

In The RESP Book, Mike Holman points out the reasons
why parents should avoid Scholarship / Pooled / Group RESP plans:


Very, Very expensive. There are large upfront sales fees paid to
the salesperson, which are paid from your contributions, and very
high ongoing fees. They have restrictive rules that can mean
getting less money out of the plan if the child doesn’t go to school.

In my opinion, the biggest and loudest complaints arise from
the lack of flexibility in Scholarship RESP plans.

First, a lot of parents sign up without fully realizing that
they are committing to contributing regularly to their
child’s RESP and if they miss contributions all they might
lose the Government grants, earnings on their contributions
and initial enrollment fees. By contrast, a parent can choose
to skip a contribution or two to a RESP held at a bank or
discount broker and resume contributions at a later date.

Some parents stick with the contribution schedule until
their child is in University and then find out that Group RESP
rules are more restrictive than Government rules that deal
with RESP withdrawals. One parent found out that his child
does not qualify for payments because he switched to another
program in the same University. Another found out that her
child does not qualify for payments because of a strike at
the University. Or heaven forbid, a child should fall ill and
miss a significant chunk of the year.

Group RESPs would probably work well if life follows
a carefully scripted plan. Unfortunately,
stuff happens and then we find out that
Group RESPs were not such a great idea after all.
[PR]
# by 55financial | 2015-12-15 06:19 | RESP

2015年 12月 11日

2016TFSA限度額が$5500に。

TFSA年間限度額が2015年に年$10,000へと引き上げられましたが、
この度の選挙による政権交代で、2016年度の限度額は$5,500へと
引き下げられることが発表されました。

2016年の限度額は$5,500です。
お間違えのないよう、ご注意下さい。

ただし、2015年の$10,000と言う限度額はキャリーオーバーできますので、
2016年になっても限度額の総額は変わりません。

2009年 $5,000
2010年 $5,000
2011年 $5,000
2012年 $5,000

2013年 $5,500
2014年 $5,500

2015年 $10,000

2016年 $5,500
______________
総額 $46,500


2016年時点で、成人一人あたり未使用の場合$46,500の枠
があるということになります。以前と同様、今後も$5,500から
インフレに連動し、$500ずつ限度額が引き上げられる可能性があるとの事。

TFSAは一度入金後引き出しても一人当たりの枠は消滅しません。
ただし、年度末を越えると枠が復活と言うルールですので、同じ年の間の
出入金の場合は限度額を超えないようご注意下さい。

ご夫婦の場合、おふたりで$93,000をもTax Freeで貯蓄できます。
これはリタイアなど大きなセービングに向けての重要なツールです。
RRSPと併せ、将来の夢に向けて上手に計画していきましょう。

フリーダム55ファイナンシャルでは、月々最少額$25からの
自動引落としの手配が可能です。是非ご相談にお越し下さい。
[PR]
# by 55financial | 2015-12-11 03:46 | TFSA

2015年 12月 04日

RRSP締切日

2015年のTAXリターンに使えるRRSP入金締切日は

    2016年2月29日(月)

です。

RRSP入金限度額は $24,930 もしくは前年度年収の18%の少ない方
となります。過去の枠がまだ残っている場合には、その枠も合算できます。
詳しくはNotice of Assessment にてご確認下さい。

会社からのベネフィットで株やグループRRSPをもらっている場合も、
枠が使われていることになりますので、その場合Over contributionに
ご注意下さい。
$2,000を超えたOvercontibutionには、毎月1%のペナルティが
発生します。
[PR]
# by 55financial | 2015-12-04 07:32 | RRSP
 
Copyright © 1997-2009 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.