バンクーバーNo.1のファイナンシャル・プランニング会社です。


by 55financial
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

RESPを始めましょう。<その2>                

Grant (CESG) について

入金額に対し20%~が、政府からのGrantとしてもらえる訳ですが、
生涯でのGrant上限額は、
                $7,200
です。(生涯といっても18歳になるまで=17歳の年末まで。)

最高で$7,200も政府からもらえるのです。お子様の教育には何かと費用がかかる中、
これはとても有難いサポートですよね。

Grantの対象となる年間入金限度額は、最高で$2,500です。
それに対し20%の$500のGrantがつきます。
(Grant対象とならなくても、年間の入金額の上限はなくNo annual limitとなっています。
以前は年に$4,000までが入金上限額でした。)

では、RESP入金額の全体の上限はというと、1人のお子様につき、
$50,000まで(2009年現在)
17歳の年末までに貯めることができます。(Grantや利子などは含まずに)

そこで、例えば今は上限いっぱい入金できていない、
または8歳からなど遅く始めた為、今後年間限度額いっぱい貯めても、
$7,200のGrantをもらいきれないのでは?と思う方がいらっしゃると思います。

そういったケースには、Catch Upもできますので、ご安心下さい。
過去のGrantを含め年間で最高$1,000までGrantをもらうことができます。

ただし、制度自体が1998年開始ですので、それ以前にお生まれのお子様は
最高Grant受給額は$7200とはなりません。

高等学校卒業後に進学する、大学や認可された専門教育機関で
(Post-secondary educationといいます。カナダ国外も可)、
フルタイムの学生として(パートタイムは条件付で可)
勉強する場合、実際はどのくらい費用が必要になるのでしょうか。

勉強する学部ごとや、自宅から通学か、寮・1人暮らしをするかによっても変わってきます。
また産まれたばかりのお子様の場合、18年後の学費や家賃は今と同じでしょうか。
私は親の世代が大学生の頃は、学費が30万円だった、初任給は8万円・・・等
と言った話を聞き、驚いたのを覚えています。
世の中の物価の上昇も考慮に入れた方がいいかもしれません。

以下のサイトで試算ができますのでお試し下さい。
http://www.canadianbusiness.com/my_money/planning/education/university_cost/tool.jsp


英語での方がわかり易いという方もいらっしゃると思いますので、
以下のようにまとめました。


Annual RESP Contribution Limit ・・・No annual limit

Lifetime RESP Contribution Limit ・・・ $50,000

Maximum Annual RESP Contribution Qualifying Limit ・・・$2,500
(Amount eligible for the grant/CESG)

Maximum Annual Grant (without carry-forward) ・・・$500

Maximum Annual Grant (with unused grant room)  ・・・$1,000

[PR]
by 55financial | 2009-05-21 09:05 | RESP