バンクーバーNo.1のファイナンシャル・プランニング会社です。


by 55financial
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

RESPはどのように始めればいいのでしょうか。

1、まずお子様のSIN番号(Social Insurance Number)を取得しましょう。
SIN番号は9桁の番号で、様々な政府プログラム・ベネフィットを利用する際に必要です。
未成年のお子様に代わり、保護者の方がお子様のSIN番号をService Canadaにて
申請できます。お子様がお生まれになった際に、病院から渡されたキット等で
既に手配をされてる方も多いかと思います。

2、次にどこで始めるかを選びましょう。
銀行・Credit Union等の金融機関はじめ、Group Plan dealerを通しても可能です。
もちろん私どもフリーダム 55 ファイナンシャルにてもお取扱いをしております。

RESPには、

 ・ Individual Plan
 ・ Family Plan
 ・ Group Plan

と3つのプランがあります。

通常お子様がお1人以上いらっしゃる場合(またはほとんどのケース)は、Family Planが
良いでしょう。何故かというと、もし年上のお子様が使わなかったRESP Savingがあれば、
兄弟間で移すことなどが可能になるからです。

Individual Planは、主に祖父母や親戚といった方々が、お1人のお子様だけの為に貯めて
あげる場合などに使います。

上の二つが個人でのSaving/運用となるのに対し、

Goup Planは、特定のGroupに参加するということになります。グループメンバーのお金を
その団体内でまとめて運用することになり、Group独自のボーナス特典などを謳っている
のが特長です。細かい政府の規則を理解しなくて良い、運用を自分で選ばなくて良い、
定期的入金をしなければならないので貯められる、といった良さもありますが、
Group独自の規則や支払いに関する制約、手数料がかかる、条件を満たさないと
手数料が戻ってこない、入金を一旦休む・金額を変えたいなどといった変更が難しい
場合がありますので、よく理解をされてから始められると良いと思います。


**********


私どもで取扱いする個人のFamily Plan/Individual Planについて、ご説明します。

入金は、
「毎週」、「毎月、」「毎隔週」、「月2回」、「3ヵ月ごと」、「6ヶ月ごと」、「一年ごと」の
自動積立て、または「不定期に入金する」の中からお選びいただけます。
(毎隔週は年に26回、月2回は24回。) *途中何度でも変更することが可能です。

毎回の入金は、Mackenzie FinancialのMutual Fund(投資信託)での運用となります。
Fundの種類は、超安定型からバランス型、成長型と様々ございます。

入金額は$25~/月から可能です。口座開設料・管理料はございません。
(*一部適用のものもあり)

Fundは、ごくごく変動のない銀行預金と変わらない超安定型から、バランス型、投資の
要素(株価の上がり下がり)の大きいものなど様々です。100種類を超える選択肢から
目的や期間、リスク許容度など一番適したものをお選びいただけるようアドバイス
させていただきます。

また先述の通り、途中、ご家庭や社会や経済状況の変化などによって、金額・入金頻度・
Fundの種類を変更することも可能です。

RESPは銀行や保険会社のGICといった利子が保証されたSaving(定期預金)でも
可能ですが、10年~といった長期のSavingの場合、税金を考慮するとMutual Fundなど
の方が節税効果が高くなります。

いくらずつ貯めれば良いのか、どのFundが適しているのか、まずはお客様のお話を
じっくりお聞かせ下さい。

各ご家庭の状況によって、最も効果的で無駄がなく、そして無理のない積み立て計画を
お手伝いさせていただきます。また、年数を経るにつれ、状況に変化がある場合も
出てくるかと思いますので、定期的にミーティングを持つなど、目的に到達するまでの
ケアも万全にさせていただきます。
[PR]
by 55financial | 2009-05-26 07:08 | RESP
Grant (CESG) について

入金額に対し20%~が、政府からのGrantとしてもらえる訳ですが、
生涯でのGrant上限額は、
                $7,200
です。(生涯といっても18歳になるまで=17歳の年末まで。)

最高で$7,200も政府からもらえるのです。お子様の教育には何かと費用がかかる中、
これはとても有難いサポートですよね。

Grantの対象となる年間入金限度額は、最高で$2,500です。
それに対し20%の$500のGrantがつきます。
(Grant対象とならなくても、年間の入金額の上限はなくNo annual limitとなっています。
以前は年に$4,000までが入金上限額でした。)

では、RESP入金額の全体の上限はというと、1人のお子様につき、
$50,000まで(2009年現在)
17歳の年末までに貯めることができます。(Grantや利子などは含まずに)

そこで、例えば今は上限いっぱい入金できていない、
または8歳からなど遅く始めた為、今後年間限度額いっぱい貯めても、
$7,200のGrantをもらいきれないのでは?と思う方がいらっしゃると思います。

そういったケースには、Catch Upもできますので、ご安心下さい。
過去のGrantを含め年間で最高$1,000までGrantをもらうことができます。

ただし、制度自体が1998年開始ですので、それ以前にお生まれのお子様は
最高Grant受給額は$7200とはなりません。

高等学校卒業後に進学する、大学や認可された専門教育機関で
(Post-secondary educationといいます。カナダ国外も可)、
フルタイムの学生として(パートタイムは条件付で可)
勉強する場合、実際はどのくらい費用が必要になるのでしょうか。

勉強する学部ごとや、自宅から通学か、寮・1人暮らしをするかによっても変わってきます。
また産まれたばかりのお子様の場合、18年後の学費や家賃は今と同じでしょうか。
私は親の世代が大学生の頃は、学費が30万円だった、初任給は8万円・・・等
と言った話を聞き、驚いたのを覚えています。
世の中の物価の上昇も考慮に入れた方がいいかもしれません。

以下のサイトで試算ができますのでお試し下さい。
http://www.canadianbusiness.com/my_money/planning/education/university_cost/tool.jsp


英語での方がわかり易いという方もいらっしゃると思いますので、
以下のようにまとめました。


Annual RESP Contribution Limit ・・・No annual limit

Lifetime RESP Contribution Limit ・・・ $50,000

Maximum Annual RESP Contribution Qualifying Limit ・・・$2,500
(Amount eligible for the grant/CESG)

Maximum Annual Grant (without carry-forward) ・・・$500

Maximum Annual Grant (with unused grant room)  ・・・$1,000

[PR]
by 55financial | 2009-05-21 09:05 | RESP