バンクーバーNo.1のファイナンシャル・プランニング会社です。


by 55financial
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

生命保険に加入したいけれど、
「掛け捨て」と「貯蓄型」 どちらがいいのですか?
といった質問をよくお受けします。

正解は・・・
どちらか一方が良いといったことはなく、
実はどちらの保険も優れた利点がそれぞれあります。

ですので、大切なことは、ニーズの確認作業・分析を
しっかりすることです。

何故生命保険が必要なのか、
いくらくらいの保障額が必要なのか。
子供が成人するまでの養育費・学費、モーゲージのカバー、
ローンの清算、残された家族の生活費、お葬式代、お墓代
税金の支払い、プロベーション費用 等。

まず1、保障額がいくら必要かを見極め、その次に
2、どのようなタイプがいいのか
を選ぶことが鉄則です!


*********************

「掛け捨て」は比較的安価な保険料で高額の保障が得られます。
ただし、更新の度に3倍4倍の保険料となります。
3度目以上の更新はおそらく難しいでしょう。

掛け捨ては、期間の限られたニーズをカバーするのに
適していると言えます。
モーゲージのカバー、ローンのカバー、お子様の教育費、
お子様が成人するまでの養育費、リタイアするまでの生活費 等です。

一方、「貯蓄型」は保険料は加入時から一生一定額です。
支払いは一生支払い続けるものから、15年払い、20年払い
というタイプもあります。

死亡保障額は、最初はやや低めですが、年ごとにどんどん
上昇していきます。保険の中に貯まるCash Valueも徐々に
上昇して行き、そのお金を引出したり、借りたりといった
使い道もあります。

貯蓄型は、終身保障なので、一生涯保障が続きます。
ですので、最終費用をカバーするのに適しているといえます。
葬儀代や税金・検認(プロベーション)費用または、
残された家族にお金を残したい等といった用途などです。

Cash Valueを途中で使うことができるので、リタイア後の
年金の足しとして引き出すといった使い道にもよく利用
されています。またローンの担保にもすることができます。


***********************

保険は、年齢と健康状態によって保険料が決まりますので、
1歳でも若く健康な方が安くなります。

ご家庭のご予算も月々どの位といった額があると思います。
どういったニーズがあるのかをよく見極めてみて下さい。

一部を掛け捨て、一部を貯蓄型といったように組合せる事も
可能です。

また、生命保険は一生に一度のみということはなく、
時折り見直しを行い、その都度、保障額の変更などをすると
いいと思います。

例)結婚、お子様の誕生、家の購入時、モーゲージの借り換え時、
モーゲージ返済完了時、お子様の独立時など。


生命保険のニーズ分析のご相談に応じております。
見積もりもすぐにお知らせできますので、お気軽にご相談下さい。


ruriko.taylor@f55f.com
[PR]
by 55financial | 2010-06-18 08:32 | 生命保険